社会保険労務士法人 野島正貴 事務所

社会保険労務士とは

ABOUT US

社会保険労務士の役割

企業の健全な発展・労働者の方々の福祉の向上

「社会保険労務士」は、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートです。

社会保険労務士の定義

社会保険労務士法に基づく国家資格者

社会保険労務士は、社会保険労務士試験に合格した後に連合会に備える社会保険労務士名簿に登録することで、プロとして社会で活躍しています。 社会保険労務士の定義は「社会保険労務士法に基づき、毎年一回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者 で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者」と法律により定められています。

また、特定社会保険労務士とは労使トラブルの時、ADR(裁判外紛争解決手続)代理権を持ち、裁判によらない円満解決を実現することが出来る社会保険労務士のことです。 特定社会保険労務士になるには「厚生労働大臣が定める研修を修了」し、「紛争解決手続代理業務試験」に合格しなければなりません。

社会保険労務士にできること

年金相談・請求手続

年金のことは、年金のプロである社会保険労務士まで気軽にご相談ください。

総合労働相談

セクハラやパワハラ、過重労働など職場で悩みを自分一人で解決が難しいと思ったら第三者にご相談ください。

個別労働関係紛争の解決

労務トラブル発生時にはADRにより迅速な解決を図ります。 ※ADRとは「裁判外紛争手続」のこと。裁判によらないで、当事者双方の話し合いに基づき、あっせんや調停、あるいは仲裁などの手続きによって紛争の解決を図ろうとするものです。 特定社会保険労務士はADR代理権を持ち、トラブル解決に力を尽くします。

労働社会保険手続の代行

厚生年金保険に健康保険、労災保険に雇用保険など、労働社会保険に関する複雑な手続きをお経営者に代わって行います。

人事労務管理のコンサルティング

企業の業績アップに必要な人事・労務管理に関する専門知識をご提供し、会社の業績をアップさせるアドバイスを致します。

社会保険労務士に依頼するメリット

企業経営に専念できます!

事業主は、労働・社会保険の複雑な手続きから解放されます。

人件費を節約できます!

担当の事務員を配属する必要がなくなります。

経営の円滑化を図れます!

法令改正や労務管理全般に関する情報が入手しやすく、事業所は有利な各種助成金が利用できます。

事務手続きを改善します!

行政機関などへの報告・届出・手続きがスピーディに処理され、帳簿書類も正確に作成されます。

適切なアドバイスを致します!

それぞれの事業所に適したアドバイス・指導が受けられます。

ニセ社労士にご注意ください

労働社会保険の手続業務や労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成業務などについて、報酬を得て、職業として行なうことができるのは、国家資格を付与された社会保険労務士だけです。
無資格者はもちろん、労務管理士や経営コンサルタントなどと称して、社会保険労務士でない者や経営コンサルタント会社などの法人組織の会社が、労働社会保険諸法令に基づく業務を行なえば社会保険労務士法違反になり、社会保険労務士法第32条の2によって罰則が課せられます。
国家資格者である社会保険労務士は、事務所を開いて活躍している開業社会保険労務士と会社に勤務している 勤務社会保険労務士がおります。どちらの社会保険労務士も社会保険労務士証票及び都道府県社会保険労務士会会員証などの身分を証明するものを携帯しています。疑わしいと思われましたら、証票および会員証の提示を求めて下さい。

お電話でのお問い合わせ
営業時間:9:00〜17:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ 受付時間:24時間(返信は営業時間内)